ギブソンタック×ミディアムヘア・ボブの簡単なやり方☆

notesノート

ミディアム・ボブのギブソンタックが失敗してしまう3つの理由ときれいに仕上げるポイント

まずはありがちな失敗と解決するポイントはこれです。

ゆるく崩れてしまう

全体を巻いているような後姿がきれいなギブソンタック。


出典 http://static.pinky-media.jp/

 

このサイドのねじりが緩くシニヨンが垂れてしまうことがあります。

対処するには髪を二つに分けてまとめることです。

一つにまとめてくるりんぱをしてシニヨンを作るのではなく、ハーフアップにしてサイドのくるりんぱをきれいに作ってからシニヨンにすると垂れずにまとめることができます。


出典 https://cdn.myreco.asia/

 

いつもこの失敗が多いという人はこういう二段階に分けてまとめるアレンジを選びましょう。

 

シニヨンが出てきてしまう

毛先を丸く入れ込んでシニヨンにしたのに時間がたつにつれ毛束が一束ほろりと落ちてしまう・・・ミディアムの長さだからこそある失敗です。

これは毛先をそのまま丸めていることが原因です、

シニヨンにする毛駄馬の毛先をゴムで結んでから、そのゴムの部分を固定するようにピン止めするとしっかり崩れにくくなります。

 ストレートで髪がふんわりとまとまらない

ふわっとした曲線のシェルエットが特徴のギブソンタック。

ストレートヘアの人はできてもなんかかわいくない・・・なんてことが多々あります。

もうこれはアレンジをする前にコテやカーラーで巻いてベースを作るしかありません。

そうするとアレンジがしやすくなりますよ。

 

ミディアム・ボブの長さでもできるかわいいギブソンタックのヘアアレンジ

 

ではこの長さでどんなアレンジができるか見てみましょう。

プリンセス風シンプルなギブソンタック


出典 http://static.pinky-media.jp/

 

  1. 髪を低めの位置で一つにまとめます。
  2. ゴムを軽くずらしたらくるりんぱをします。
  3. 毛束を左右にひっぱってきつくしたら、さらにくるりんぱをします。
  4. 毛先が短くなるまでくるりんぱを重ねます。

 

最後毛先が下からでなくなるくらいの長さになったら毛先をゴムで結んでくるりんぱの中に入れ込みピンで留めます。

短めミディアムだからこそできるギブソンタック


出典 https://www.beauty-co.jp/

 

両サイドの髪をねじったら後ろでまとめます。

残っている髪を二つに分けたら毛先をそれぞれゴムで留めます。

毛束をくるくる巻き上げていき、最初のねじっている部分まできたらアメピンで固定します。

もう片方の毛束も同じようにします。

長くなるほどこの巻き上げるのが難しいのでボブくらいだとちょうどやりやすいですよ。

引用元:ギブソンタック×ミディアムヘア・ボブの簡単なやり方

ミディアムやボブの長さだからこそギブソンタックってやりやすかったりもします。

慣れてくれば色んなヘアアクセをつけたり、三つ編みを足したり・・・自分だけのアレンジができる髪型です。

ぜひ好みのギブソンタックを見つけてくださいね。

share toみんなと共有

HAIRTIER 編集部

たくさんのお客様と美容師の出会いをHAIRTIERを通じて実現していきます。

anotherHAIRTIER 編集部の他の記事

related関連記事