髪のボリュームが気になる方へ。ふんわり髪になる為のヘアケア方法

notesノート

年齢を重ねてくると、髪の毛のボリュームがなかなか出なかったりしますよね?

ボリュームが無くなると印象も少し老けて見えてしまったり、アレンジが難しくなったりしてきます。

でも普段のちょっとしたケアでボリュームダウンを防ぐことができます。

ぺたんこの髪の毛は、元々の髪質だったり、年齢を重ねるにつれて髪が細くなったりすることが大きな原因と言われています。ぺたんとした髪は元々の髪質によるものだから…と諦めるのはまだ早いかもしれません。

ふんわりボリュームのある髪の毛になるには、シャンプーの選び方や洗い方、ドライヤーの乾かし方などの一工夫で叶えることができるはずです!

エアリー感のある美髪になれるヘアケア方法

エアリー感のある美髪になれるヘアケア方法

毎日欠かせないシャンプーですが、洗浄力が強い界面活性剤がたっぷり含まれているものを使ってゴシゴシ洗うと、頭皮や髪の毛に大きな負担をかけてしまいます。特に石油系や高級アルコール系の界面活性剤は、刺激が強いと言われているのでシャンプーを選ぶ際に成分を確認しておきましょう。

ぺたんとしていてボリュームが物足りなくて悩んでいる方は、ほどよい洗浄力があり、地肌や髪にも比較的優しいアミノ酸系の界面活性剤が含まれたシャンプーがおすすめです。

シャンプーを始める前に、粗めのクシを使って頭皮からブラッシングをしてほこりなど取っておきましょう。そして、シャンプーをする時はぬるま湯で完全に髪の毛を濡らしてから、手のひらで軽く泡立てたシャンプーを頭皮から毛先に馴染ませつつ優しくマッサージするように洗っていきます。このとき髪だけ洗うのではなく、頭皮からしっかり洗ってくださいね。

そして、コンディショナーやトリートメントが頭皮につくと、ベタついたり毛穴を塞いでしまうため、毛先だけにつけてからしっかり洗い流しましょう。

お風呂から上がったらタオルドライをして、なるべくすぐにドライヤーで乾かします。髪の毛が湿ったまま放置していると、キューティクルが開いて髪に負担がかかってしまうので自然乾燥は避けてくださいね。

ドライヤーは髪の毛から15~20cm離して当てて、根元からしっかり乾かします。1部分だけドライヤーを当てるのではなく、まんべんなく均等に当てていきましょう。仕上げに分け目を逆らうように根元から髪の毛を立ち上げるイメージでブローしていくとふんわりとした印象になりますよ。

髪に優しいシャンプーと頭皮ケア、ドライヤーのかけ方でふんわり髪へ

髪質を変えるのは難しいですが、髪や頭皮に優しいアミノ酸系のシャンプーを使ったり、頭皮を優しくマッサージするように洗ったり、ドライヤーのかけ方を一工夫したりするだけで、ふわっとボリューミーな髪の毛になれるはずです。ぜひトライしてみてくださいね。

シャンプーや日々のドライヤーで髪の毛のボリュームをふんわりと出す方法をご紹介しました。

年齢を重ねることによる髪質の変化は確かにありますが、日々のケアに少し気を使うことでボリュームを出すことは可能です。

悩むよりも、まずは日々のケアを見直してみましょう!

share toみんなと共有

HAIRTIER 編集部

たくさんのお客様と美容師の出会いをHAIRTIERを通じて実現していきます。

anotherHAIRTIER 編集部の他の記事

related関連記事