失敗したくない人必見!美容師選びの3つのコツ

初めて行った美容院で「失敗した…」って思うことってありますよね。
その後髪の毛が伸びるまでの数ヶ月間そんな悲しい気持ちを抱えたまま過ごすことになってしまったらとても悲しいです。
そうならない為にも、HAIRTIER編集部が考える自分と相性ぴったりで信頼できる美容師さんと出会う為の3つのコツをご紹介します。

notesノート

コツその1:スタイリスト歴6年以上を目安にしてみる

お客様の好みや髪質は100人いれば100人違うわけで、その全てに対応していく美容師さんはまさにプロフェッショナルと言えます。
お客様一人一人に対応していくにはそれだけの経験が必要です。

スタイリストとして実際にお客様の髪を切ることができるまでにもたくさんの経験を積むわけですが、スタイリスト歴1年の美容師と6年の美容師では積み重ねた経験値は大きく違います。

HAIRTIERも掲載する美容師の基準の一つとして「スタイリスト歴6年以上」という項目を設けていますが、やはり自分の理想の髪型を実現してくれる美容師さんや、信頼してお願いできる美容師さんを見つけるならば「スタイリスト歴6年以上」ということを一つの目安にするといいかもしれません。

コツその2:美容師の発信力もチェック

インスタグラムなどのSNSをやっている美容師さんもたくさんいますが、是非その投稿もチェックしてみることをオススメします。

その理由としては以下の2つが挙げられます。

発信するには美容師としてのスキルや知識のアップデートが必要

「髪」のプロフェッショナルとして情報を発信するわけですから、その発信する情報が古かったりするとそれは美容師自身にとってマイナスとなります。

また発信する情報には美容師個人の得意としているスタイルの傾向や人間性が出るものです。
SNSを覗いてみて、その投稿に共感できるかは意外と大切な要素です。

インスタグラムの写真は要チェック

美容師さんが担当したヘアスタイルなどの画像はネットでもチェックすることができます。
でも意外とあるのが、実際には本人がカットしていない「モデル画像」を使っているというパターンです。
もちろん自身が担当したスタイルの画像を掲載していることも多いと思いますが、普段カットやカラーをしている方は一般の方ですし、その方の画像を公式のスタイル画像として顔を出してネット上に公開するのには意外とハードルが多いものです。

そこでインスタグラムで上がっている画像をチェックしてみることをオススメします。
公式のスタイル画像よりもより普段の施術の画像が見れるチャンスがそこにはあります。

自分の好きなスタイルの画像が見つかれば、その画像を美容師さんと髪型を相談する際に見せれば実際にその美容師さんが手掛けたスタイルですから、再現性はとっても高くなります。

コツその3:お店を持つ美容師は抜群の信頼度

これは当たり前かもしれませんが、お店を開いている美容師さんは信頼度がとても高いです。
お店を開くまでに至っているということは、技術や経験はもちろん、それだけ多くのお客様がその美容師さんを自分の「馴染みの美容師」にしているということです。

なぜならそういったお客様が多くいないと、お店を開くのは難しいからです。

「馴染みのお客様」は定期的に来店してくれるお客様でもありますし、そういったお客様は美容師が新たにお店を出してもそのお店に来店してくれるものです。

そこまでの関係性をお客様と多く構築できているわけですから、口コミ以上に「お店を出している美容師」というのは実際に信頼度が高いです。

髪型やスタイリングの完成度は美容師の腕がすべて

3つのコツをご紹介しました。
参考になりましたでしょうか?

大切なことは、どんなに有名な美容院にいっても、どれだけ流行の発信地にある美容院にいっても、その知名度や立地があなたの髪型を素敵にしてくれるわけではなく、その時にカットやカラーをしてくれる美容師さんの腕がすべてとういことです。

今回ご紹介した3つのコツを参考にしていただき、ぜひ自分の「馴染みの美容師さん」を探してみてくださいね。

share toみんなと共有

HAIRTIER

お客様と美容師を「HAIRTIER」を通じて繋げます

anotherHAIRTIER 編集部の他の記事

related関連記事