見つけよう!行きつけの”美容院”よりいつもの”美容師”さん

notesノート

いつもの美容師さんだから伝わる「いつもの感じで」

みなさんは行きつけの飲み屋さんやご飯屋さんで「いつもの!」って言った事ありますか?
その一言に憧れたりもしますよね。
実は”美容院”での「いつもの!」って、飲み屋さんやご飯屋さんで言うよりもとってもハードルが高いんです。

例えば、行きつけの中華屋さんで「いつもの!」って言ったとします。しかしその日は残念ながら顔なじみの店員さんがおらず、「いつもの!」が伝わりません。
そしたらどうしますか?
きっとお店に置いてあるメニューを見て、「天津飯」と「中華炒め」って言えば伝わりますよね。
では美容院で「いつもの感じ」にしたいとき、それを伝えるのはとっても大変です。
前髪の長さはどのくらいか。髪の毛はどっちに流すか。どれくらい髪のボリュームを落とすか。など、「いつもの感じ」に詰められた要素がとっても多いんです。

いかがですか?やっぱり美容院で「いつもの感じで」って言える美容師さんを見つけるのってとっても大切ですよね。

伝えるのが難しい「長さ」のニュアンス

「短め」って言葉はとっても抽象的な言葉です。1cmなのか、3cmなのか、もしかしたら1mm、2mmの話かもしれません。
特に髪の毛の長さにおける数mmって、その長さの変化で印象が全然変わってしまったりします。

では、みなさんはいつも自分の髪の毛を切ってもらう時、実際に何cmくらい切ってもらっているかわかりますか?
考えてみるとわからないという方も多いと思います。
「短めで」「長めで」で伝わる実際の長さは人それぞれで、その人それぞれの感覚の違いにより、髪の毛を切ったけど「失敗した…」と感じることに繋がってしまいます。
一度「失敗した…」ってなると、そのあと約一ヶ月以上はその気持ちを引きずったままの生活を送ることに。
そうならない為にも、ぜひ自分と「長さ」の感覚を共有できる美容師さんを探しましょう。

いつもの美容師さんだからできる!イメージチェンジ提案

髪の毛をバッサリ切ってイメージチェンジしたい!や、少しパーマをかけて印象を変えたい!って思ったことはありませんか?
髪型を変えることで気分も代わり、新しい自分に出会うことができたります。
髪型って、普段の生活の中で少なからず自分のモチベーションを左右してたりするんですよね。

髪型を変えようと思った時、有名人の写真を見せたりなど参考したりすることもありますが、実際にその髪型が自分に似合うか?やそもそもその髪型に出来るのか?ってわからなかったりします。

そんな時、いつもの美容師さんなら自分の髪の毛のクセや髪が伸びるペースを知っているので、もちろん再現性は高くなります。
それどころか「イメージチェンジしたい」って伝えれば、髪質や顔の輪郭を考慮した上で似合いそうな髪型を提案してくれることだってあります。

自分が想像もしていなかった新しい素敵な自分に出会うことが出来たら人生が変わるかもしれません。

いつもの美容師さんだから過ごせるリラックスタイム

美容師さんって、自分の「髪の毛」という体の一部に触れるお仕事です。
やっぱり知らない人に触れられるのって緊張しますよね。
初めて切ってもらう美容師さんもきっとそれを理解して上手なコミュニケーションで緊張が和らぐよう働きかけてくれますし、どんな髪型が希望なのか?どんなスタイルが好みなのか?を引き出そうとしてくれます。

でもやっぱり初めての会う人になかなか自分の思ってることを伝えるのって大変だったりしますし、どうしても人には相性ってありますよね。

いつもの美容師さんなら当たり前ですがそんな時間はずっと前にクリアしており、自分自身が心を開いているので、大切な自分の髪のメンテナンスはもちろん、少し愚痴をこぼしてみたりたわいもない話をしてみたりと、絶妙な距離感でリラックスした素敵な時間を過ごせます。

長く付き合える「いつもの美容師」探しが大切

髪型や髪の毛のコンディションって、私たちの生活においてとても大切な要素です。
そんな大切な自分の髪の毛をお任せする美容師さんだからこそ、自分の髪の毛や自分の好みをちゃんと理解してくれている「いつもの美容師」さんの存在がとっても大切です。

「いつもの美容師」さんにまだ出会ってないという方は、「美容院」探しよりもあなたにぴったりの「美容師」探しをしてみてください。

人生が少し変わるかもしれません。

share toみんなと共有

HAIRTIER 編集部

たくさんのお客様と美容師の出会いをHAIRTIERを通じて実現していきます。

anotherHAIRTIER 編集部の他の記事

related関連記事